スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おかしいと思うこと <仕事編>

どもです。
半年以上経ちますが、久々にブログ更新しました。

さくっと今回のエントリー書いちゃいます。


こんなのおかしいよ@仕事編

・正社員とパートの区別がハッキリしている(待遇・給与面etc)
・それだけど仕事内容はたいした差はないと感じている
・それでも待遇面において、正社員とパートってかなり区別されている
・パートは非正規雇用だからある程度の区別化はされているんだろう
・しかし「社員だから」との理由で社員を酷使している

・「社員だから」との理由で有休が使えない・半休も使えない(使わせてくれない)
・「社員だから、有休をもし誰か一人に与えたら他の人にも与えなきゃいけないから有休は取れないよ」
・「社員だから」業務時間いくら過ぎてても仕事終わるまで帰れないよ?
・「社員だから」会議や勉強会も業務時間外ですよね、勿論。
・ミーティングも勉強会も少人数に分けて分担すれば業務時間中に間に合うけど、
 「社員だから」業務時間中だしそんなことしませんよね。
・「社員だから」仕事のローテーションも文句言っちゃいけないんですよね。
・「社員だから」、年末年始の有休は使っちゃいけないんですね。

・有休は他の皆も取らないから、取ったら「何で取るの?」と思われるんですね。
・そんな空気が形成されてるんですね。
・定時なんてただの飾り
・定時前に仕事終わっても帰らせないけど、定時後は「自己責任」で仕事終わるまで帰らせない
・もしくは「他の皆が終わるまで帰らせない」
・書類シュレッダーして、ミーティングしてからじゃないと帰らせない
・上記全部やり終えて、役席の”空気”読んでからじゃないとミーティングできない→それまで帰れない
・定時を余裕で超えてても、「営業場にいる以上は仕事しろ。空いた時間があれば客に電話一本でも入れろ」
・いつになったら仕事終わるんですか
・あれ、定時に帰るって意識誰もしてないの…。しようとしないの…。

・自分のやるべき仕事がある以上、まずそちらを片付けるべきなのにそれが許されない
・誰か手が空いたらいつでもできる仕事を優先して、自分の仕事は後回し
・なぜかそれが評価されている



以上ぶわーっとまとめました。
反論などは受付ようと思います。
私が金融機関しか勤続経験ないので、他の業界のことも知りたいので。
まだ3年目の若輩ですが、仕事のスタンスは間違ってるのでしょうか。
何だかこのままでいると、おかしいと思ったことが当たり前になりそうで怖いです。

See you!
スポンサーサイト

「可愛い」の男女差について考えてみた――主観的か客観的かの違い

あうう。1ヶ月ぶりの更新です。Lydiaです。
twitterだとどうでもいいこと垂れ流してる癖に、ブログだと文章をある程度考えなくちゃなので
長文作るのにはかなり役立ってると思います。
140字に慣れすぎて大変な所ありますけどww
今回もブログテーマから外れますが、書いてみます。

女性の"可愛い"がなぜ信用できないか
これって良く言われますよね。
同性の立場からぶっちゃけて言うと、ある対象に「可愛い」って思うのは
①自分の庇護欲を満たすから
②見た目が愛らしいから
③①、②でなおかつ自分の立ち位置を奪うようなことをしないから
かなぁと考えています。
勿論異論は受け付けていますが、本質を極めればどれかには行き着くんじゃないでしょうか。

あと例外なのは(笑)
④「可愛い」と言ってる自分を可愛いと思ってるから。

これはよほどのことじゃない限りないですよねー。きっと。

で、ここでなぜ女性の"可愛い"が信用できないかと言えば、
ここでいう"可愛い"って思うのは、発言者の主観的な見解が含まれるからだと思うんです。

哲学あまり齧ったことのない人間が言うので、
「主観」についてはここでは"自分一人の考え、価値観"と言う意味で捉えます。

造形など誰が見ても"可愛い"というのは客観的な見解
反対に誰から見ても"可愛い"というのは客観的な見方ですね。
いわゆる顔形など整った人形といったものは誰から見ても可愛いように作られてますよね。
萌えキャラのフィギュアとか。
男女論について語るのあんまり好きじゃないですが、
"可愛い"かどうかを主観的か客観的で見ることって女性と男性とで違うのかな、と思いました。

例外は多々あると思いますが、
いわゆる「女子の可愛いが信用できない」って言うのはこれがあるからなんじゃないかと。

主観的だから、"可愛い"というのは人それぞれ
私なりの意見ですが、「なぜ女子の"可愛い"がアテにならないか」疑問に思う人は参考にしていただけたら幸いです。
で、なぜ主観的に"可愛い"と思うのかはある種の本能じゃないかと思ってます。
これを深く突っ込むとクソ長くなるのでここでは割愛しますがw

勿論、"可愛い"と思うのは何も主観的じゃなくて、客観的にも捉えることだって一杯あります。
子犬や子猫、赤ちゃんなんかは誰から見ても(ほぼ)可愛いですし。
(元から可愛いって思われるようにああいう外見をしているという考え方もありますが)

とりあえず、不可解だと思われるものを"可愛い"と言っているのを聞く機会があれば
こんな感じだからかなぁとぼんやり理解していただけたらなぁと思ってエントリー書きました。


…と思ったのは、今日当支店で新入行員が着任されたからです。
女の子が、まぁ可愛い娘だったんですが、性別年代で見方が違うなぁと感じまして。
で、「どう考えれば可愛いって感じるようになるんだろう」と頭巡らせてたら
「あぁこんなもんかなぁ」とふと思ったからです。

人命以上に優先される仕事はない。

こんばんは。Lydiaです。

関東・東北地方の大震災から早1週間が経とうとしています。
テレビやインターネット等で見た惨状も目を覆うばかりで、
犠牲者・行方不明者の方々のことを思うと心があまりにも痛みます。
犠牲になった方のご冥福をお祈りすると共に、被災地で生活している皆様の1日でも早い復興を本当に願うばかりです。

今回の大震災のほぼ真ん中にあった仙台市、うちの銀行でも仙台支店があります。
エントリーにまとめることは主にその内容についてです。

被災時から休みもなくずっと営業をし続けている、という事実
今日、当支店で仙台支店の現状報告、という社内報が回覧されていました。
読んでいて心が重たくなりました。
以下簡潔に抜粋するです。

・行員さんのほとんどが被災者。
・家を失って避難所生活を送る人もいる。家があっても電気ガス等が通らなくて風呂が使えない・顔も満足に洗えない。
・行員の中には妊婦さんもいる。
・ガソリン不足の為物資が少なくなり、食事も炭水化物に偏っており栄養状況が心配。
・震災時から休みなくずっと働いている。「お客様」を思っているが最早限界に近い。

震災でも銀行はお金を扱っている以上、預金者が生活費になったら払戻(引き出し)しなきゃいけないのはわかってます。
基本的には通帳・印鑑(もしくはキャッシュカード)がないと払戻できません。
しかし震災で紛失した場合は、本人確認できれば払戻に応じます。
そして小切手手形等も一部不渡なくなったり、通常は出来ない投信等も中途解約に応じるものもあります。
生活費としてお金を使わなきゃいけないのは承知のことですが。

だけど、もう彼らも休ませてあげて欲しい
実際に休みなく働いてる人たちだって被災者なんです。
銀行に来店するお客だって日に日に少なくなっているそうですし、昨日は原発事故もあり来店客はゼロだったそうです。
自分たちの身が危ない時にまで、仕事なんかさせないで下さい。
支店長や部長は「彼らもずっと頑張っているから、我々もそれに応じて頑張らねば」なんて言ってましたが、
もう十分頑張ってますだからもうこれ以上頑張らなくていいです。
今まで休みもなく、原発の危険も伴いながら店開ける必要なんてないと思います。
「お客様」より、このような極限状態ではまず自分や家族の身体や生活が優先されるはずなんです。
それでも「地域のお客様」に迷惑が被るとかなんか言って、暖房も通わない寒い中で仕事させて、
そのくせ「彼らも辛い中よく頑張っている」なんて、
苦労する=頑張っていることが素晴らしい、と思ってるようで薄気味悪いです。


異常なまでの「お客様第一主義」、苦労すればするほど絶賛されているということに疑問
こんな震災時でも銀行は仕事をしないと「甘えてる!」だの
「お客様をほっぽって行員が何休んでるんだ!」とか言う人いるんでしょうか。
当行は今週に入ってから窓口の一部取引を制限していますが、
「震災の為でありまして申し訳ございません」と言っても
「えぇー何それありえない」と言ってるのをロビーで聞いていたので恐らくいるんじゃないかと思います。
もうそういう「仕事が何よりの優先」とか「お客が第一」とか「苦労すればするほど素晴らしい!」っていうのやめましょうよ。

彼らも銀行員で、私も腐っても一応銀行員です。
仕事をする限りは多少の差はありこそプロの意識を持っています。
訳のわからん投信やら保険やら売ってる時もありますが仕事である以上お客の資産運用の相談には応じます。
「お客様の為に」と言いますが、あくまでそれが仕事だからです。
ぶっちゃけますが、そうしたらお給料貰えるからやってるまでです。
お給料貰わないと生活を送れないからです。

だけど、その生活の基板自体が崩れたら?

その金融のプロ意識は今のような被災地で果たして意味を持つのでしょうか。

仙台支店の行員さん方々の生活状態が心配です。
もう極限に近い、ということもあって本部から応援など要請がくる模様ですが、出来る限り早くして下さい。
フォロワーさんもリプライしてくれていたことですが、その為に本部や本店があるんでしょうに。
銀行員とかいち労働者である前に、一人ひとりが人間です。

「インターンシップ」を「銀行内見学」に改名すべき―――当行のインターンシップについて

こんにちは、Lydiaです。
2週間ぶりの更新になります。ブログの内容のネタっていざ書くとき考えるものですね。

今回のエントリーはネタリストから少し外れて、
当行であったインターンシップについての感想を中心に書いていきたいと思います。
23日twitterでつぶやいてたのですが、少し文体変えてまとめた感じにいきます。

先日に当支店でインターンシップ行われたんですよ。
数人大学生の人達が来て、「意識高いなぁ」とか思って。
私的にはきっと何日間か滞在して支店の各係にいて少しでも仕事をやっていくんだろうなぁと考えてました。
その点ではインターンシップって学生と企業とのミスマッチを防ぐ目的もありますし、
学生側も実際ガンガン働くとまではいかないけれど、
リクルーターやOBOGの話にない支店の雰囲気を実感して貰って今後の就活の参考になればなぁと。
そして、「なんとなく」銀行で考えてるのであれば考え直して欲しいこともw
でも実際にその日行われたのはインターンシップとは似ても似つかない酷いものでした。
正直言って、期待外れでしたね。
中の人がここまで思うのであれば学生さん達はもっとひどい思いしたんじゃないかなぁと。
私が学生の立場だったら「ふざけんな何考えてんだよ」と怒り感じてますね。
まぁ支店長は「学生さん達も満足して帰ったみたいだし、良い経験なったんじゃないかなぁ」とか言ってましたけどね!
『楽しかったですぅ』は建前だよ!
流石に正直に言えないから仕方なく言ったんだよ!
『今後の就活の役に立ちましたですぅ』確かに今後就活でエントリーはしないと決定づけた点では役に立ったよね!

もうツッコミ所があまりに多すぎてどこから話していいかわからなかったので3つに絞りました(笑)
詳しく、なぜひどかったのかを3点挙げますと、
①学生さん達の就業期間が1日のみ(前日は本店で説明会だったらしいが実質1日ということで)
②就業体験全くなし。課長に連れられての支店内の見学。挙げるとすれば渉外に連れられて訪問したのみ。
③就業時間の半分を支店の歴史・業務内容に費やす

改めて書いてみたらやっぱりひどいわ。
あの、これってインターンシップって言うんですか?
これから就活する大学生対象にですよね?小学生や中学生相手じゃないですよね?
中学生の職場体験の方がよっぽど仕事らしい仕事してません?

そこでインターンシップの意味を改めて調べてみることにしました。
もしかしたら私の思ってた意味と食い違ってるかもしれませんし。
そして他に就職サイトなども見て回った結果を以下に記してます。

(Wikipediaからは:以下引用)
インターンシップとは、学生が一定期間企業等の中で研修生として働き、自分の将来に関連のある就業体験を行える制度。
大学本科生では3年次の夏・春の長期休暇中に行く事がほとんどで、
3年秋から本格化する就職活動に先駆けて就業体験を積むことで、就職活動本番でのミスマッチを防ぐ目的もある。
(広辞苑から:以下引用)
会社などでの実習訓練期間。学生が在学中に自分の専攻に関連する企業に体験入社する制度。体験就業。

要するにインターンシップは在学中に社会へ出て仕事を数週間体験できるプログラムってことですね。
私の考えていた意味とさほど誤差はなかったですね。
ほっとしたところで、今から考察を書いていこうと思います。

①まずインターンシップするのであれば数週間そこの企業にいる必要があります。
それはそうですね。
だってその会社がどんな仕事をしているのか、社内の雰囲気などは1日2日そこらではわかりませんし。
最低でも2週間~は必要でないかと思います。
②就業体験させる、と言いますが学生にさせる仕事は大事にならないものでいいと思います。
銀行など金融機関ではお金も扱いますがそれと同等に個人情報も大切に扱われます。
情報漏洩で大騒ぎになってニュース沙汰になりますよね。
金融機関が学生に与える仕事って限定されちゃうんですよ。
でもせめて営業場に席を作ってあげて中の人がどんな仕事をしてるかを間近で感じてもらいたいです。
実際仕事してなくても雰囲気っていうのは大体わかります。
③業務内容など説明は1割ほどで理解できるし、それよりも現場に入れてあげたほうがいいです。
ここは②と絡みますが、実際説明なんてしてる側がある程度脚色&美化してるのであまりあてにならないです。
それに、用語も要領もわからずに説明されても、内容はわかるもの意味は自分の中に浸透しませんしね。
説明はほどほどにして後は実践したほうが身の為になるんじゃないでしょうか。

自分が就職してるのが金融業界しか知らないので、
他の業界のインターンシップの内容がどんなものか知ることが出来れば、
比較して何かの参考にさせてもらえればなぁと思います。
また国内と国外でインターンシップの内容も意義も聞いていればだいぶ違うみたいでした。
やっぱり早く国内脱出したいw旧体質はもうたくさんです。

半年で9kg痩せたこと

こんばんは、Lydiaです。
1週間に1回のペースで書いてる感じなんで、このペース崩さないようにぼちぼちやろうと思います。
「一生懸命頑張ろう!」と最初から気張ると長続きしませんので(苦笑)

ネタ1つの消化しようと思います。
就職関係から外れてダイエットネタでも。
以前twtterで書くって言ってたしね。

注:今回のエントリーは「痩せる方法!」などダイエット方法を前面に出してはないのであしからず。

実は私、入社して3カ月目~半年くらいまでかなり太ってました。
太ってたというか気が付いたら体重や体型がえらいこっちゃ、みたいな。
原因は何かというと仕事のストレスですねぇ。
ストレス溜まる→甘いもの食べたくなる→食べまくる→運動しない→(以下無限ループ)
こんな生活送ってたら太るのが当然だというものです。

キッカケは同期の台詞とエトセトラだと思います。
割と物事をハッキリ言う奴で「お前冬来ても肉の壁あるからいいよな」みたいなこと言われました。
「そんな太ってたのか!?」と思いつつも恐る恐る体重計乗ったら…愕然としました。
自分の身体って毎日見てるから、変化に気付きにくいんですね。
周りが言ってくれないと割と気が付かない。
いや、もしくは薄々気づいていたけど事実に直面するのが怖くて逃げてたのかもしれない。
あとちょっとしたことがあって、「このままではいかん」と思い、一発年起してジム通いを始めました。

結論から言うと、タイトル通りジム通いつめて5カ月~6か月経って9kg痩せることができました。
今もジム通って現在の体型キープしてるつもりです。
あとなんか1kg痩せたり痩せなかったりしてる。

正直自分でも驚いています。だって今の体重って以前よりもだいぶ軽いんだもの。
あと着れなくなった服がすんなり入ったのが嬉しかったです。
ちょっと残念なのはジーンズのサイズがスキニーを除いて全然合わなくなったこと。
まぁでも途中で投げ出さずに頑張ってこれたのもきっと「何が何でもやってやる!」と集中していたからだと思います。
それと、勢い。
途中から面白いくらいに体重減っていたのが楽しくてドンドン運動しまくってましたね。

なので、本当にやり遂げたいことって「何が何でも絶対やってやる」という意気込みと勢いが最初は大事なんじゃないかなと思いました。
何だか精神論みたいになっちゃいましたが(私大嫌いなんですがw)、
これはあくまでも「キッカケ」であり「とにかく根性で乗り切れ」と言ってるわけじゃないです。
根性だけじゃ乗り切れないです。
目的に到達するまで、私なりに相当な努力・継続・試行錯誤をたくさんしてきました。
今回の話で言うなら、ジムには週4,5回は通ってましたし。
有酸素運動は1時間半ぶっ通しで走ったりとか(ジョギングじゃなくてマラソンの速度で走りました)、
帰り遅い時は夕食抜くか早目に食べてできるだけ蓄積しないようにしたり、
どうやったら痩せていくか色々な方法を試しながら自分に合った方法を見つけたり。
なんか色々やりました。

自分が伸びる最適な方法を探して継続して力をつけないと伸びませんよね。
がむしゃらにやったって結局は空回りしたり、徒労に終わるかもしれないから。

自分の経験を自分に言い聞かせてこれからも銀行脱出に向けて頑張ろうと思います。
あ、なんか書いてるうちに考えまとまってしまったw
プロフィール

LydiaHeinrich

Author:LydiaHeinrich
ひっそり転職活動&英語・独語を勉強中。
日系でも特に閉鎖的な金融業界にて
奴隷型顧客第一主義や日系企業のおかしな所をよく言ってます。
他には英語・ドイツ語、海外就職の内容の他に
ダイエットやネイルネタも書いていく予定。
twitter ID: LydiaHeinrich

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。